外国人材雇用のノウハウ

入管が技能実習生失踪問題に本気出してきたのか?

 出入国在留管理庁は12日、外国人技能実習生の失踪防止対策を公表した。

 失踪した実習生を雇用する違法行為に及んだ企業名の公表を検討すると明記した。

 入管庁によると、今年上半期に失踪した実習生は前年同期比256人増の4499人。実習生が失踪して不法就労する背景には、日本の受け入れ企業の賃金不払いや、出身国の送り出し機関に保証金を払うために負った高額の借金返済があるとされる。

 対策には、本国の送り出し機関、日本の監理団体、受け入れ企業の3者に失踪の責任が認められた場合、新規の送り出しや受け入れを一定期間認めないことも盛り込んだ。また、実習生の在留カード番号の届け出を受け入れ機関に義務付け、失踪者を特定しやすくする。森雅子法相は12日の記者会見で「引き続き運用の適正化に取り組む」と強調した。(時事通信社より引用)

正直、やっとここまできたか!というのが感想です。日本語学校などにおける「適正校・非適正校」みたいなイメージですかね。問題は受け入れ実習生の何パーセントが失踪したら受け入れ停止となるのか?受け入れ停止処分が下るまでのスピードだと思います。

しかしこの対策により監理団体も厳しくチェックするだろうし、まともに給料も払わない企業も消えるだろうし、ろくでもない送り出し機関も消えていくだろうし、日本国内で暗躍するブローカーも消えていくだろうし、きちんとした実習生しか入って来なくなるのは良いことだと思います!さらに希望を言えば「失踪した実習生にさらなる厳罰を求める」でしょうか。失踪しても強制送還で終わらせるだけでなく「失踪=厳罰」の認識が付けばそもそも失踪しようと考える実習生も少なくなると個人的には思います。

これを機に、名ばかり監理団体は消えてください。悪徳送り出し機関も消えてください。最初から逃げる気満々の実習生も来れなくて良いです。

業界健全化を切に願います。

外国人採用でお困りの方はこちらからご連絡ください。

関連記事一覧

PAGE TOP