外国人材雇用のノウハウ

外国人人材紹介会社の悪い例

環境・ネットワークインフラ事業を手掛ける (株)GNE 人事の方より昨日ご相談がありました。

人「一般社団〇〇というところからベトナム人材の履歴書がFAXで届いたのですが、、ご存じですか?」

私「御社では現在求人掲載されていますか?」

人「はい。ハローワークその他媒体に出しております。」

私「届いた履歴書拝見できますか?」

こんなやり取りが昨日ありました。

この一般社団○○さん、さぞ立派なサイトをお持ちでした。(あえて名前は出しません)

㈱GNE様では営業職の募集をされておりましたが、届いた履歴書のベトナム人の学歴を拝見すると「CAD専門学校卒業見込み」

もうね笑うしかありません。いったい何のビザを申請するつもりなのか。

仮に面接から内定採用に至ってもビザ申請で却下されるパターンですね。

人材紹介会社系で近年目立ってきたのが「一般社団法人」

私なんかの自営業よりはよっぽど見栄えが良いからでしょうね。

見栄えが良いだけで中身が何も伴っていない典型的なパターンです。最近こんな業者が増えてきていますので皆様もご注意ください。甘い言葉をかけられてケツの毛までむしられる可能性が高いと危惧しております。

そもそもいきなり履歴書を送ってくる段階(本人が送った形)でまずはどうなのかな?個人情報保護法案とかコンプライアンスの意識はないのかな?と疑いかねますが。

私のような自営業でも個人情報の管理は徹底しています。クライアント様が本当に外国人材雇用の理解があると判断した場合にしか当然ですが履歴書は出しておりません。(お見せすることはあってもお渡しなんか持っての他です)

この業界に関して言えば「履歴書ばらまいてかずうちゃ当たる」なんて考えてるのは素人です。人一人の人生がかかっていますので私もクライアント様に本気でぶつかっています。なんなら社内規定まで口を出しています。そこまでやらないといけないのがこの業界で生きる人間のあるべき姿だと認識しているからにほかなりません。

外国人材雇用を検討されている企業様は、相手の見た目に騙されないようにしてください。

相談等はこちらからお気軽にどうぞ

関連記事一覧

PAGE TOP